MENU

vio脱毛って大丈夫?

vio脱毛って、デリケートな部分の脱毛なのでトラブルが心配ですよね。

 

私は最初、vioライン周辺のすべての毛を脱毛するのかと思ってましたから。^^;

 

でも、vio脱毛は基本的にはビキニや下着からムダ毛がはみ出ないようにするのが目的なんですね。

 

なるほど、毛のないつるつる肌にするわけじゃないと知りました。

 

医療脱毛-vio

 

デリケートな部分なので怖いなと思ったのですが、きわどい所まで脱毛するわけでなないので安心しました。

 

中には「ハイジーナ脱毛」といって、vioラインに全く毛の生えていない状態にする脱毛もあるようです。

 

どちらにしろ、かなり恥ずかしい格好で施術することになるのは像像できますので勇気がいりますよね。

 

それは仕方ないとして、やっぱりデリケートな部分の脱毛なので、エステサロンよりクリニックでの脱毛がいいなと思います。

 

脱毛サロンは料金が安いように感じますが、実際は時間や回数が医療脱毛より多くかかるので、あまり変わらないそうです。

 

しかも全然知らなかったのですが、サロンの光脱毛だと光の力が弱いので、時間が経つとまた生えてくるらしいですね。

 

でもクリニックでの医療脱毛なら、時間も短く回数も少なく、永久脱毛が可能なので、トータルでは安く脱毛できるらしいです。

 

時間や回数は肌質や毛の質によって異なるので、サロンの脱毛で問題ない人もいるようですが、確実に脱毛しようと思えば医療脱毛ですね。

 

何より、医者や看護師が対応してくれるので、万が一のトラブル時にも安心なのが良いです。

vio脱毛できる脱毛クリニック

大手や有名な脱毛クリニックなら全身脱毛が可能で、vio脱毛のメニューもあります。

 

湘南美容外科クリニック

CMでよくご存じの全国展開する大手美容外科クリニックで、もちろん医療脱毛のメニューもあります。

 

詳細はこちら

リゼクリニック

施術する看護師だけでなく、医師も含めてすべてが女性の美容皮膚科クリニックです。

 

詳細はこちら

渋谷美容外科クリニック

渋クリでお馴染みの渋谷・新宿・池袋と横浜にある美容外科クリニックです。

 

詳細はこちら

vio脱毛について

vioって何よ

vio脱毛って、デリケートゾーンの脱毛のことなのは分かりますが、具体的にどの部分の脱毛をしてくれるのでしょうか?

 

v・i・oは、それぞれその部分の形状から名前が付けられています。

 

つまり、vライン、iライン、oラインを総称してvioラインと言いますよね。

 

vラインはビキニラインとも言いますが、ビキニは英語でvikiniでななく、bikiniと書きます(ローマ字と一緒ですね・・^^;)。

 

だから、vラインはビキニラインを略した言葉ではないことが分かりますね。

 

ビキニラインがVの字の形状をしているからvラインって言うんです。

 

それと同じ様に、iラインは陰部の周辺ですが、陰部ラインの略ではなく、Iの字のようにまっすぐな部分だからです。

 

oラインも、お尻の穴の周辺なので、おしりラインだと言う人がいそうです。(汗;)

 

でも、この場合は形状もOの形ですが、おしりラインの略でも良いような気がしますね。。

 

どっちにしても、vio脱毛は場所的にはアンダーヘアの脱毛ということになります。

 

どうして医療脱毛がいいの?

剃毛について

vio脱毛に限らないことですが、毛が生えていると毛根に光を当てることができないので、脱毛する前には自分で毛を剃っておくのが普通です。

 

わきやvラインなら普段から自分で剃毛している人は多いでしょうが、iラインやoラインは自分では難しいですよね。

 

脱毛サロンやクリニックでは、剃毛サービスもありますが基本的に別途料金がかかり事前予約が必要です。

 

中には剃毛サービスが無料の所もあるようですので、事前に調べておいたほうがいいですね。

 

背中などを脱毛する場合は自分で剃毛することは不可能ですからね。。

 

もちろん、剃り残し程度ならば脱毛の施術前に剃ってもらえるかもしれませんが、その場合はやっぱりクリニックのほうが安心ですよね。

 

人気の医療脱毛クリニックをランキング

 

万が一のこと

アンダーヘアが生えている周辺は、わきや腕、脚などに比べると黒ずんでいる場合がほとんどです。

 

vラインはそうでもないでしょうが、iラインやoラインはほとんどの人がわきなどに比べれば黒い肌をしています。

 

これはvioの部分はムレたり下着が肌と擦れたりするので、どうしても色素沈着が起きてしまっているからです。

 

脱毛は、黒い色素に反応する光を当てて毛根や毛乳頭を破壊するものなので、肌の色が黒いと痛かったり、ひどい場合は火傷をする可能性もあります。

 

脱毛サロンでは、医療レーザーを使用できませんので、パワーの弱い光を当てることになりますが、弱すぎると脱毛できません。

 

なので医療脱毛に比べて時間も回数もかかるわけです。

 

脱毛サロンでは火傷のトラブルの話を聞きます。クリニックでもトラブルはないとは言えませんが、万が一のときにすぐに治療をしてもらえます。